ブロリコを子供に飲ませたら危険!?それってホントの情報ですか?

免疫力を高める効果が期待されているブロリコですが、子供が飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

ブロリコ 子供

 

ブロッコリーが原料だということで、天然由来のものなので大丈夫だと思うのですが、本当に良い物かどうか、調べていきたいと思います。

 

 

ブロリコは子供が飲んでも大丈夫?

 

結論を最初に述べますと、子供が飲んでも大丈夫だということです。

 

これは、ブロリコの販売元に電話して確かめました。

 

子供が飲んでも大丈夫な成分なのだということで確かなことです。

 

ブロリコは東京大学とイマジン・グローバル・ケア株式会社が共同開発したもので、特許をとっている製品です。

 

しかもその特許も日本だけでなく、アメリカ、EUでも取得しているのです。

 

ブロリコ 子供

 

世界中で認められた製品だということになりますね。

 

また、着色料や防腐剤などが使われていません。

 

ですから安全だといえると思います。

 

 

ブロリコは何歳の子供から飲んでも良いの?

 

ブロリコを子供が飲む場合は、体重によって量を調節してほしいとのことでした。

 

1日の量ですが、

20キロ以下の子供・・・1粒〜2粒

 

20キロ〜40キロの子供・・・2粒〜3粒

 

40キロ〜50キロの子供・・・3粒〜4粒

 

それ以上の体重の子供・・・大人と同じでよい

 

ブロリコ 子供

とのことです。

 

乳幼児などは、粒では飲めないと思うので、粉につぶすなどして飲ませるといいとのことなんです。

 

ですから小さいうちから飲める安心な製品だいうことです。

 

 

しかし、子供のうちは過剰摂取なども心配されるのでサプリメントは体ができ上がってから摂取するのがいいようですね。

 

心配な方は、小児科医と相談するといいと思います。

 

 

ブロリコは、国内の長野、北海道、新潟、埼玉、愛知、静岡などでとれたブロッコリーを2日以内に抽出しています。

 

ブロリコ 子供

 

ですから、新鮮なのは間違いありません。

 

人間の体の中には、NK細胞という細胞があって、体内にウイルスやばい菌などが侵入したり、悪性の細胞ができたりしたときに、すぐにそれらを攻撃して殺してしまうのです。

 

このNK細胞は15歳〜20歳の頃がピークだといわれています。

 

その後だんだんと機能が低下していくのだそうです。

 

というと、子供はNK細胞がだんだんピークに向かって行っている時ですので、なかなか免疫力が高まったと実感はできないかもしれません。

 

ブロリコは子供か飲んでも大丈夫なものですが、大きくなって体ができあがってから飲むのが良いのかもしれませんね。