【ブロリコの副作用の間違った認識】身体への影響は?

免疫力を高める効果が期待されているブロリコですが、副作用などはあるのでしょうか?

 

ブロリコ 副作用

 

ブロリコはブロッコリーから特殊な方法で抽出した成分だということです。

 

副作用はあるのかどうかについて、調べていきたいと思います。

 

 

ブロリコに副作用はあるのか

 

ブロリコは、国内の北海道、静岡、新潟、愛知、埼玉、長野などでとれた新鮮なブロッコリーから特殊な方法で抽出した成分です。

 

ブロリコ 副作用

 

野菜の中でも栄養価が高いといわれているブロッコリーからできています。

 

ですから副作用はないと思うのですが、どうでしょうか?

 

それに、調べてみると防腐剤や着色料といった添加物もないようです。

 

ですので、基本的に副作用はないとのことです。

 

薬ではなく健康食品の一つなので大丈夫だということでした。

 

しかし、ブロッコリーアレルギーの人やアブラナ科の野菜アレルギーの人は控えるか、医師に相談するといいとのことです。

 

ブロリコ 副作用

 

 

副作用が出た際の注意点

 

現在、副作用が出たという報告がないとのことです。

 

また、薬ではなく食品ですので効果が出るまでには、個人差があります。

 

人によって効果の出方は違うのですが、

  • 飲んで3日くらいで効果が出た方
  • 1週間くらいで効果が出た方
  • 5か月くらいで効果が出た方
  • 半年くらいで効果が出たという方
  • 1年くらいかかったという方

などまちまちです。

 

平均すると、2か月〜3か月で効果が出たという方が多いそうです。

 

 

毎日コツコツ飲み続けることで効果が期待できるものです。

 

途中でやめてしまったり、飲んだり飲まなかったりというのでは効果は期待できません。

 

まずは、2〜3か月続けてみるといかがでしょうか?

 

 

ブロリコのパワーは、βーグルカンの約50倍、メカブフコイダンの約80倍、DHAの約70倍以上、スルフォラファンの100倍以上、アサイーの約240倍、プロポリスの1000倍だそうです。

 

リピート率も91%と高いですし、東京大学とイマジン・グローバル・ケア株式会社が共同開発し、特許を取得した製品ですので安心ですね。

 

ブロリコ 副作用

 

特許も日本だけでなく、アメリカやEUでも取得している製品です。

 

 

ブロリコを詳しく見たい方はこちら!

↓ ↓ ↓

ブロリコ 効果